和服を着こなすなら肌の色に合わせて選ぶことがポイント

2人のレディ

気軽に着られる

和服

ラフな場所に着ていく着物として浴衣は人気があります。昔は湯上がりのときに着用されたものですが、着心地や見た目の涼しさから今では夏に一般的に着られるようになりました。

More Detail

オリジナルで作る

祭り

祭りのときに半纏を着る人は多くいますが、最近ではオリジナルのものを業者に依頼する人が増えています。デザインや柄を自由に決められるので世界に1つしかない半纏が手に入ります。

More Detail

選ぶ順番

女性

和服を選ぶときにはまずどういったシーンで使用するのかということを考えます。正式な場に着ていくのか、カジュアルな場所に着ていくのか、普段着なのかによって適した和服の種類というものは異なります。場に適したものを着ていないといくら似合うものでもそぐわないものになってしまうので、何に使用したいのかを考えて和服を選びましょう。そのときにはシーンに合わせる他にも、着る人の年齢や既婚であるか未婚であるかによっても種類は変化します。どういった種類の着物にするかが決まったら、次は和服の生地を選んでいきます。和服を選ぶときには帯や小物といったものも合わせて選ぶ必要がありますが、まずはメインとなる生地選びから行なうことが大切です。生地を選ぶときには好みや流行りで選ぶことも可能ですが、着る人の肌の色や雰囲気に合わせて選んでください。肌の色が明るい人は基本的にどんな生地でも似合いやすいものですが、色が淡いものはなじみやすく、濃い色は肌色を際立たせます。また、肌が黄色みがかっている人の場合は黄色系等の生地が合いやすいです。黄色やオレンジなどの他にゴールドを選ぶのもいいでしょう。次に肌がオークル系の色の場合は緑や紫の他に淡いピンクなどの色が合います。このように生地の選び方には基準がありますが、やはり実際に当ててみて色が合うかどうか確認することが大切です。人の肌の色というものは人によって細かく異なるものなので、こうした色の基準というものは参考程度に考えましょう。その色が合っているか分からないという人の場合は付き添いの人や店員に見てもらってください。

Recommended Links

  • 京都きもの市場

    通販で和服を購入するのは不安!と考えている方にオススメしたいのがこちらです。返品することが出来る通販サイトなので安心です。

季節を楽しむ

着物

着物には季節ごとで適したデザインというものがあります。春には桜や桃、蝶など春に見られる景色のものを着用し、夏には花火や水紋などの柄が人気で、秋には紅葉などが多く着用されます。

More Detail