和服を着こなすなら肌の色に合わせて選ぶことがポイント

婦人

気軽に着られる

和服

お祭りなど、ラフな場所に着ていく着物として浴衣というものがあります。夏でも涼しく過ごせるように生地が薄くて軽いものが多く、柄も夏によく合うものが多いです。浴衣はもともと湯上がりに着用することが多かったのですが、その過ごしやすさや着心地から今では湯上がり以外でも着用されるようになりました。着物の多くが中から襦袢を着るものですが、浴衣の場合は下着の上から直接着ることが多いです。一般的な着物との違いは他に足袋を履かなくてもいいということが挙げられますが、襦袢や足袋を合わせて浴衣を着こなすと少しきちんとした着物のように着こなすことができます。合わせる帯は半巾帯や名古屋帯というものです。半巾帯ではラフな印象になり、名古屋帯ではしっかりした印象になります。
着物の種類は浴衣の他に、小紋と呼ばれるものがあります。小紋は浴衣よりもきちんとした着物ですが、正式な場に着ていくものではなく気軽に出かけるときに着用するものです。小紋の特徴は生地全体に同じ柄が繰り返されているということで、見た目が華やかなものが多いです。デザインも豊富にありますが、それに合わせて帯の色や柄も自由に選ぶことが可能です。組み合わせ方によってはお呼ばれに着ていくこともできるので、カジュアルな柄以外にもいくつかのパターンを持っていると便利です。帯は半巾帯や名古屋帯の他に袋帯というものが合います。カジュアルに着られる着物は他に紬と呼ばれるものがありますが、これは産地によって特徴が異なります。